たくさん種類がある | 不眠症の改善には睡眠薬など色々な方法があります

たくさん種類がある

睡眠を促すための薬にはさまざまな種類がありますが、調べていると睡眠薬というものだけではなく睡眠導入剤と呼ばれるものを見かけたりするでしょう。
では睡眠薬と睡眠導入剤は違うものなのか?

まず結論からいうと、このふたつはほとんど同じようなものです。
ただ厳密にいうと微妙なニュアンスの違いがあります。
睡眠薬と呼ばれるものは眠らせる力を持っている薬を指しますが、睡眠導入剤の場合は入眠させる力が強い薬という意味になります。
しかしそうはいっても、その差は明確にはなっていないので結局は同じものと認識していても特に問題はないでしょう。

では睡眠薬ならどれを選んでも特に何も変わらないのか?というと、実は大きく分けて2種類あります。
ひとつは寝付きを改善するための睡眠薬になり、どうしても眠りにつけない人向けのものです。
そしてもうひとつが、眠ってから途中で起きないようにするための睡眠薬になります。
不眠症の人には中途覚醒をしてしまう人が多いと思いますので、そういうパターンの人はこちらの睡眠薬を使うことになるでしょう。
だから自分がどんなタイプの不眠症なのかによって、選ぶべき睡眠薬は大きく変わってきます。

もしあなたが入眠について悩んでいるという場合は、最高血中濃度到達時間が短いものを選んでみてください。
この場合はマイスリーやアモバン、ルネスタ辺りの睡眠薬が適しているといえるでしょう。
そして中途覚醒を阻止したいのであれば、作用時間が長めのものを選ぶといいと思います。
たとえばデパスやサイレース、ユーロジンなどは長時間効き目があります。